ゲラート・グリンデルバルドは何故衰弱死も気が狂う事もなかったのか!?(突発記事)

一昨日あたりから書こうかな~と思っていた記事!
ねこあじさんのコメント読んですご~く書きたくなりました。
最近どんどんグリンデル信者になりつつあって怖いです(汗)
では本題に入っていきます。ネタバレ注意してください。

グリンデルバルドは1945年にダンブルドアに倒され、牢屋に入ったワケです。
そこから1997年?(いや1998年?)までずーっと牢屋に居続けた。
その間に正気を失う事もなくいました。これって何気に凄い事です。
確かにグリンデルバルドが入っていたトコロは(確か)アズカバンじゃなかった気がするのですが、それでも十分に凄いかな~とは思います。
牢獄に入ると正気を失う人はたくさんいます。特にアズカバン。
正気を失うか或いは獄中死するか・・・です。

ハリポタで獄中死した人はこのぐらい。
・パーシバル・ダンブルドア
・モーフィン・ゴーント
・ホキー
他にもいたっけ?忘れてる!?

このように死んでしまう人もいるワケで。しかもモーフィンとホキーは無罪なわけです。パーシバルは有罪ですが、娘の復讐ですし、この3人そう悪い事をしていないんですよね~・・。
無罪で投獄され、生き残ったのはシリウス・ブラック唯一人ぐらい・・・か。

罪を犯し、脱獄したメンバーは死喰い人ではたっくさんいますが。
・ベラトリックス・レストレンジ
・アントニン・ドロホフ
・ルシウス・マルフォイ
などなど。他にもいるけど思い出せない(汗)
・エイブリー
・オーガスタス・ルックウッド
辺りもだったかな・・・?
こいつ等は反省していないし、ヴォルの力で脱獄してますね。
悪人は生き残れるの・・か?
ああ、カルカロフも一時的にアズカバンいましたな。クラウチ・ジュニアも。
やっぱ死喰い人ばっか生き残りますね。

闇の魔法使いにとって吸魂鬼はさして脅威ではないからでしょうね。
では、グリンデルバルドはどうだったのでしょうか?

グリンデルバルドの居る処は吸魂鬼はいなかった筈。
その分そう衰弱する事はないのかな~とは思いますが。
それでもずっと一人で喋る相手もおらず、何もない牢獄はやっぱり辛いはず。
飲み食いもそう出来ないし、新聞すら読めないんだもんなぁ・・・。
しかも、グリンデルバルドって牢獄にいた期間はNo.1ですからね。52年?53年?
他の死喰い人とかだって、十数年ですよ。大した事ないです。
そう考えると獄中死してもおかしくないと思うんですが・・・。
獄中死せずに、正気を失わずにいたには、何かあったと思うんですよ。
なら「何」があったのかな~と考えてみたり。
やっぱり一番可能性があるのは「ダンブルドアと会っていた」だと思うんですよ。
グリンデルバルドに会いに来る人ってそうそういないと思うんで。(あとまあ家族が生きているなら会いにくるぐらい?)
きっとダンブルドアと会って何か話していたに違いない!と思っています。
ダンブルドアはグリンデルバルドが好きだったので会いに来ますよ。きっと。
新聞持ってやってきたりとか、ホグワーツの校長としての悩みとか、ヴォルデモートについてとかなんかんだ話していたり。ハリーの事を話してもいたか?
来ていたのなら牢獄の外で格子挟んでシリアスな会話でもするんでしょうか。
大穴でダンブルドアが牢獄の中にフォークス使って移動していたら凄い!(これ、期待したくなる~)
そして会っていたのなら呼び方が気になるところ。昔はファーストネームで呼び合っていた二人ですが、今はファミリーネームなんでしょうかね?大穴のミドルネームは無い・・・と思う。
会いに来ていた期間の予想については、前書いたと思うので書きません。
あとは会っていた頻度ですね。1年に1回か?2年に1回か?半年に1回か?
これはさっぱり分かりませんな。たくさん会っている事を希望してしまう。(やはりグリンデルとダンブルドアのファンですな。7巻読んでもいないのに)

私的には蜂蜜酒でも飲んで色々話しているのがいいなぁと思ったり。グリンデルと好物が似ていたら更にナイスだと。あとグリンデルの前でダンブルドアが泣いてるイメージもあります。以前も書いたと思うけれど。

結局グリンデルバルドが獄中死しなかったのも、正気を失う事もなかったのはダンブルドアが会いに来てたから・・・と推測しています。
これ以外にグリンデルバルドが獄中死しなかった理由推測されている方がいたらコメントをどうぞ。
こんな感じと推測しております。獄中面会詳細予想記事も書いてみたいです。
さて、『狂い語り』を書くか、Blueroseを書くか・・・。ネタバレ感想は本が手元にないんで無理です(汗)ハリポタ連チャンよりはやっぱBlueroseですかね。あるいはもう一つのブログか?
今日は割といいペースで書けてます。それでも勉強しろー!と言われ1時間弱程勉強もしましたが。
ではではここで。Blueroseを進めたいと思います。ちょい無謀ですけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ルーナ
2014年09月28日 07:15
ただ単純に器が他の魔法使いと違うからではないでしょうか?!
仮にもヴォルデモートの前にいた悪のトップですから、他の平凡な魔法使いとは精神の置きどころが違うのだと思います。

この記事へのトラックバック