Willkommen zu ewiger Qual

アクセスカウンタ

zoom RSS BlueroseChildrenー世界の終わりと始まりの為にー 新キャラ紹介。 

<<   作成日時 : 2009/05/29 14:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前々から書きたかった新キャラ紹介を書きます。

グランデュール・プサルテリウム(Granddurr Psaltery)
第12代プサルテリウム本家当主。故人で、60年以上前に亡くなったと思われる。誕生日は5月29日。
銀髪蒼目の美男で、毛色はプサルテリウム当主直系の遺伝。優男に見えるが、実際は食えない人物。
アメストリス国軍元大将でもあり、参謀役として活躍。どちらかというと、戦場での功績により昇進していったというよりも数々の(戦争以外の)事件解決で昇進していった模様。よって、ディボルト、サイクス、レオンとは違うタイプの将軍である。戦闘能力も高く、息子・孫・曾孫・玄孫と同じくライフル銃の狙撃を得意としている。また二丁拳銃もお手のもの。近距離戦は「あまり好きで無い」らしく、剣やナイフなどはあまり使わない戦闘スタイル。近距離戦では蹴りをメインに使用する。体術には秀でている。司令官としての能力も高く、ドラクマとの国境を守る為にその能力は発揮されていた模様。
当主としてもなかなか優秀であり、歴代当主の中でも特に秀でている。その為、プサルテリウム家初代当主のミドルネームの一つを貰った(ミドルネームの一つして名乗っている)。兄弟姉妹がおらず、妻もプサルテリウム家の血筋では無かった為、全権力を(サイクス同様)握っていたようだ。ちなみにプサルテリウム家当主としては異例である北部住まいであった(勤務が北だった為)。
錬金術師ではあるが当時はまだ国家錬金術師資格が無かった為、国家資格は持っていない。使う錬金術は爆発系とプサルテリウム当主が代々受け継いでいる風化の錬金術。息子・孫等と同様爆弾好きだった模様。実力そのものは曾孫・玄孫よりは劣る。
家族構成は妻・レラージュと息子・ディボルトと娘・フレデリカ。息子の妻であるリネトラージュも後に家族となる。自身とは異なり、のほほん系となった息子と娘に困りつつもしっかりと育てた。妻とは政略結婚。また、リネトラージュの事を気に入り仲が良かった。
同世代であるウィンテージ・マスタング(第16代マスタング本家当主)とは犬猿の仲。その一方でウィンテージの息子二人(セバスチャン、グロティウス)の事は気に入っていたらしい。
趣味はチェスで、かなり得意。その才能は孫や曾孫、玄孫に受け継がれている。習慣となっている事は射撃訓練。好きな料理は東の島国の料理(和食)。特に茶碗蒸しと天ぷらが大好きとの事。無類のコーヒー好きでもある。
本編では第三章にベルフィーユの手によって復活させられた。材料は彼自身の白骨と魂、サイクスとベルフィーユの血、ブライアンの心臓、オリヴィエとサイクスの眼球など。人造人間となって復活した為、再生能力と特殊能力を得た。再生回数は7桁。特殊能力は今のところ明らかになっていない。人造人間としてはキングズリー、サイクスに次ぐ実力者となった。人造人間と復活してからはサイクスと組んで行動するようになり、元国軍大将同士が組む豪華コンビが結成された。
ベルフィーユが珍しく自身を「私め」と言ったり「曾お祖父様」と様付けしていたり、シルラが「グランデュール様」と呼んでいたりと目上に見られているようである(年齢含む)。グランデュールは逆に始祖のミドルネームやファーストネームを継いだベルフィーユやシルラに驚き、実力を認める事になる。たまにベルフィーユやシルラに丁寧語を使う事もある。
ベルフィーユの事は最初は「我が曾孫」と呼んでいたが、後に「ベルフィーユ」と呼び捨てするようになった。シルラの事は「神聖なる姫君」(Divina Princess)という独特の呼び方か「シルラ」どちらかで読んでいる。
サイクスとは生前会った事があったが、彼がプサルテリウム家を筆頭家に押し上げた事は知らなかった為その事実を知ってからは態度を変えた。但し、ベルフィーユを襲った事に関しては「プサルテリウム家の恥だ」と怒っている。フレデリカとリネトラージュとも再会した。生前と同じく仲は良いようである。
組織内ではベルフィーユの参謀及び主要な戦闘要員となり活躍していく。「計画」については一概に良いとは思っていないが、肯定した。但し『地獄からの殺人鬼』の目的もまた肯定しており寝返る可能性も若干あると言える。
『地獄からの殺人鬼』の事はセバスチャンと似ている事(容姿が)、性格などから第三章後半から気に入る事となる。また、キングズリーの事も「お気に入り」として見るようになる。
一人称は「私」または「我輩」、たまに「我」も使用。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BlueroseChildrenー世界の終わりと始まりの為にー 新キャラ紹介。  Willkommen zu ewiger Qual/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる