Willkommen zu ewiger Qual

アクセスカウンタ

zoom RSS BlueroseChildrenー世界の終わりと始まりの為にー 『終焉の金朱雀』紹介!

<<   作成日時 : 2009/06/05 18:13   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ベルフィーユの子供達の中で、一番最後に紹介する事になったミアートリクスの紹介です。

ミアートリクス・ヴィグレッシェンド(Miatommytoricelli Vigleshend)/『終焉の金糸雀』(Canary in the end)
シルラ・マスタングの『11番目』の子供。1898年12月17日生まれの17歳(第一章時点では誕生日を迎えていない為16歳)。金髪に翠の瞳の美少女。髪はウェーブが掛かっている。一人称は「私」(わたくし)。
兄弟姉妹の中で唯一『第三勢力』に属す異例の存在。『第三勢力』の長である『黒刀清廉赤蝶乱舞』が目指す目的に賛同、そして2年前にNo.2である最高司令官に大抜擢された。
上級『エヴァンヴィレンクルス』であり、特殊能力『金朱雀惨死』と『空中浮遊』、『終焉命砲』を持つ。『金朱雀惨死』はあまりに残酷な能力である為(大量の金朱雀の遺体を使った能力である)使いたがらない。『終焉命砲』は高い威力を持つ為良く使う(但し、一般人を巻き込んでしまうような状態では使用しない)。そして『空中浮遊』を使って空中戦をこなす。再生能力は8桁。「呪い」にも秀でており、鳥籠を創り出し閉じ込める事が出来たり、黄色の羽根を創り出し攻撃する事が出来る(またその羽根1枚1枚を炎を纏わせる事も可能)。巨大な羽根を作る事も可能で人間を「ペシャンコ」にする事も可能。そして通常の攻撃・防御も可能。
使う武器は打刀で、2本使って戦う。打刀のみだと遠距離戦が出来ない為一応サブマシンガンも持っている。但し遠距離戦の時は「呪い」によって羽根による遠距離戦を行う事が多い。
また、暗黒神『終焉神』を従えている。動物憑きは無し。
性格はしっかりとしており、精神的な依存は無い。また自らの意見をはっきり主張出来る。また冷静沈着。その一方でルルーリーシェに「・・・ですか?」と聞く自信が無い面も見られる。
服装はゴシックロリータ系が多いが厳密なゴシックロリータを着用している訳では無い。
兄弟姉妹とは一緒に暮らした事が無く、また共に行動した事が無い為仲が良い・悪いも何も無いらしい。レラジェとは同い年の為か意識しているようである。
錬成陣は両手に刻まれた金朱雀の刺青。腐蝕の錬金術を使用する他、金属系の錬成も得意としている。
普段喋る言語はタガログ語。アメストリス語、ヴィネラクロス語(フランス語)、ゼンガーウォール語(ドイツ語)なども喋る事が出来る。
趣味はチェレスタの演奏、刀を磨く事、ブログ更新。
好きな食べ物はアップルパイやさくらんぼのクラフティ。嫌いな食べ物は酸っぱいもの。
初登場がいつになるのかはまだ未定である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BlueroseChildrenー世界の終わりと始まりの為にー 『終焉の金朱雀』紹介! Willkommen zu ewiger Qual/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる