Willkommen zu ewiger Qual

アクセスカウンタ

zoom RSS BlueroseChildrenー世界の終わりと始まりの為にー 弦岑荊紹介!

<<   作成日時 : 2009/06/15 14:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新キャラ・荊の紹介です。

弦岑 荊(Ibara Tsurumine)
『地獄からの殺人鬼』側の『エヴァンヴィレンクルス』の一人。総本部メンバーの一人。1901年3月15日生まれの14歳。容姿は黒髪(ウェーブが掛かっている)にオッドアイの瞳(右目がローズレッド、左目はアクアマリン色)。美少女。一人称は「私」。
数年前にライルが偶然出会って拾ってきたのが切欠。『地獄からの殺人鬼』のメンバーになる。父親から虐待を受け家を脱出したところ、ライルとばったり出会ったのは始まり。ゼンガーウォールに来てからもライルの管轄下にいる事になった為、ライルの直弟子という事になる。
中級『エヴァンヴィレンクルス』であり、再生回数は6桁。「呪い」は使えないが特殊能力『暗黒空間』を使う事が出来る。『暗黒空間』によって標的を閉じ込めて確保するのに使われる。但し、『空間移動』『空間移動』『空間裂繋』を使われると脱出されてしまう。戦闘ではサブマシンガンを使用する。命中率はかなり良い。近距離戦では蹴り技を使うなど肉弾戦に持ち込む事もある。鳩尾を蹴るのが得意。また、錬金術師としての実力も高く、風化の錬金術を使用出来る。その他、通常の地面系統の錬金術や植物を使った錬金術も得意とする。
性格はおとなしい、というより喋らない変わった性格の持ち主。虐待によるショックで一時言葉を失っていた時期にスケッチブックに字を書いて言葉のやり取りをしていた癖が喋れるようになってからも抜けず、普段はスケッチブックに文章を書いて会話するようになった。エリーナなどともスケッチブックで会話している。またエドワード等と初めて会った時もスケッチブックにアメストリス語を書いて会話した。但し、ライルや『地獄からの殺人鬼』などとは直接喋っている。エリーナなどとも普通に喋る事もある。嫌がらせ・強い要求の際にも使用し、『地獄からの殺人鬼』に苺大福とエビピラフを作ってほしい際にスケッチブック1冊丸々に延々に「苺大福」「エビピラフ」を書き続けて彼の自室にばら撒いた事もある。戦闘時には普通に喋っており、意味は趣味・嫌がらせの面で使用しているようである。また初対面の人物・嫌いな人物には喋らないという特徴がある。また、押しが強い。
口調は丁寧だが、スケッチブックに文章を書く時は荒々しい口調を敢えて使用する事もある。
普段喋る(書く)言語はアメストリス語、ドラクマ語、ゼンガーウォール語、燎慚語。どれも喋り書く事が出来る。
服装はアローミニョン学園の制服でいる事が多く、黒リボンに白カッター、黒チェックのスカート。リボンの色は時折水色も使用。クラスはエリーナ、閖閼、莉蟇、芽蕗、ファイ、ティル、涙葉等と同じクラス。得意教科は理系。
好きな食べ物は苺大福とエビピラフ。嫌いな食べ物は西瓜。
本編には第三章に初登場予定。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BlueroseChildrenー世界の終わりと始まりの為にー 弦岑荊紹介! Willkommen zu ewiger Qual/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる