BlueroseChildrenー世界の終わりと始まりの為にー エクエス・ラトヴィッジ紹介!

新キャラの紹介です。

エクエス・ラトヴィッジ(Eques Lutwidge)
『地獄からの殺人鬼』側の『エヴァンヴィレンクルス』。年齢は定かではないが、 10代後半の少年を思わせる容姿でありダークブラウンの髪に右目は緑、左目は深紅の瞳で、パーツも良いので美形である。
その正体は『地獄からの殺人鬼』の分身の一人。特殊能力『分身』によって創られた存在で、”鼎”と”轡鷺”と同じく独立した分身である。半身(兄)にルーファス・ラトヴィッジがいる。あくまでも独立している為、『地獄からの殺人鬼』と容姿・能力・性格等は全て別である。但し本体に対する忠誠心は強い模様。また人間と同じく魂を持っているかどうかだが、彼自身に核となる魂は存在していない為”人間”とは異なる存在である。ちなみに核となる魂は『地獄からの殺人鬼』の魂である。(肉体と魂が離れた所にあるという解釈なら人間でもその状態には成り得るとも言える)但し性格等の違いから分かるように普段の行動については別の魂が核となっている。つまりは核となる魂が二つある状態(ルーファス自身の肉体にある魂と肉体及び『地獄からの殺人鬼』の魂とルーファスの肉体双方が精神によって繋がっている混線状態)である。その為、本体の死は分身の死に成り得ないが、本体の魂の消滅によって起こる影響と創造者の死が被造者に与える影響は未知数である。
上級『エヴァンヴィレンクルス』で再生回数は7桁。最上級『エヴァンヴィレンクルス』に操られない特性を持つ(本体が最上級『エヴァンヴィレンクルス』である為)。特殊能力『蝙蝠襲撃』『念動障壁』『精神攻撃』『煉獄命砲』を持つ。無数の蝙蝠を自在に操る事によって殺害・防御・拘束したり、念力系統の能力を撥ね返したり、精神攻撃する事で相手を戦闘不能にしたり、浄化作用が付与しかつ威力の高い『煉獄命砲』による攻撃を行う。
「呪い」も使用し、応用技もある程度使用することが出来る。特に攻撃に長けており威力が極めて高い。
武器は単発式のマスケット銃(但し、作中の世界においては時代遅れであり、あくまで呪いを放つ為の武器)。その他、ダガーナイフや忍者刀などの刃物やリボルバー拳銃なども使用する。
錬金術については本体同様焰の錬金術を得意とする。だが、ほぼ全ての錬金術を網羅している本体と異なり、使えるジャンルはそこまで多くない。尚、ルーファスに比べ使えるジャンルが若干少なく錬成が少しだけ雑である。
組織の総本部所属。役職は本部内総司令補佐。地位及び役職が能力と釣り合っていないという声も多いが、空席となった役職を埋める為に創られたので彼は不満を持っていない。”戦場組”のメインメンバーで兼任はしていない。
ノリが良く気が抜けている態度で、明るい性格の持ち主でムードメーカー。本体である『地獄からの殺人鬼』に忠誠を誓うと同時に慕っており、また心配もしている。またボケ担当。殺害を躊躇わない部分は普段は表層に出てこないが、いざという時は表層化する。ルーファスに比べると感情が表に出る。また、頭脳明晰だが性格的に馬鹿。
趣味は(本体と異なり)テレビゲームと携帯ゲーム。またボードゲームも好きである。チェスも得意である。
好きな食べ物はカレーラーメン、冷かけうどん、ちくわと半熟卵の天ぷら、醤油味の唐揚げ、ゆず風味のうどん、ジューシーなステーキなど。カフェオレとミルクティーを好む。
本編においては第三章にて初登場する予定である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック